【IT初心者向け記事】Gmailの「スレッド表示OFF」

 

今回はGmailの中ではめずらしく評判のよくない(?)機能、「スレッド表示」をOFFにする方法をご紹介します。

まずスレッド表示とは何かというと、、

通常のメールソフトであれば、「受信メール」と「送信メール」がはっきりと別れていて、それぞれ時系列で並んでいます。

つまり下(あるいは上)に行くほど古いもしくは新しいメールという並び方をしています。

一方「スレッド表示は」下図のように同じタイトルのメールが、受信と送信で一緒になって表示されます。

この1行に、3件のメールが隠れています。(カッコ内に3という数字)

ややこしいことに、この中に自分からの送信メールも含まれています。

開くとこうなります。

「ある題目(=件名)についてのやりとり」が、ひと目で見れるという点では、確かに優れています。

しかし、やりとりの中で件名を変えることもあるし、「あのメールはいつごろ来ていた」という”だいたいの時期”でメールが探せないというのは使っていて不便です。

何より、他のメールソフトで慣れている人間にとっては、とっつきにくいものです。

そこで、このスレッド表示をOFFにしたいと思います。

まずは前回の投稿と同様に右上の歯車マークから「設定画面」に進みます。

 

「全般」から「スレッド表示OFF」に設定。

このように一般のメールソフトと同じく、時系列で1件ずつ並ぶようになりました。

※3件あったうちの1件は送信メールなので「送信済みメール」の中に移動されています。

 

関連記事

  1. 【IT初心者向け記事】Googleドライブのデータ共有

  2. 【IT初心者向け記事】人気フリーメール『Gmail』

  3. 【IT初心者向け記事】Gmailのテーマ設定

  4. 【IT初心者向け記事】Googleドライブ(2)

  5. 【IT初心者向け記事】Googleドライブ(3)

  6. 【IT初心者向け記事】Gmailバックアップ