【IT初心者向け記事】Googleドライブ(2)

Googleドライブには、データを保存しておける「入れ物」という役割だけでなく、「データを作る」ことができます。

その機能はマイクロソフト社のWordやExcelにも引けを取らないレベルで、とりわけ「誰かとデータを共有して使う」という場合にはむしろこちらの方が優れています。

これが無料で使えてしまうのだから本当にすごいです。

まずMS社のWordに相当する「Googleドキュメント」から紹介します。
今回は起動方法と単純な入力までです。

↓ ↓ ↓

右上の「新規」をクリック

「Googleドキュメントを選択」

これがGoogleドキュメントの画面です。

左上に文書のタイトル、白の部分に文字が入ります。

上段のメニューから、Wordのように文書の体裁を整えたり、文字を装飾したりできます。

そして特に「保存」という操作をしなくても、ドキュメント内に自動で保存されます。

 

次回はGoogleドライブの最も優れた機能、「作ったドキュメントを誰かと共有する」方法を紹介します。

 

関連記事

  1. 【IT初心者向け記事】Gmailバックアップ

  2. 【IT初心者向け記事】Gmailのテーマ設定

  3. 【IT初心者向け記事】Googleドライブ(3)

  4. 【IT初心者向け記事】人気フリーメール『Gmail』

  5. 【IT初心者向け記事】Gmailの「スレッド表示OFF」

  6. 【IT初心者向け記事】Googleドライブ